アゴ削り

手術前カウンセリング:CTスキャンによるアゴ骨模型

2015年12月06日

今日は手術前のカウンセリングです。前回の検査時に撮影した3D CTスキャンデータにもとづいて、私のエラ骨の模型が出来上がっていました。

 ago02
ago01
先生いわく、かなり大きな下顎の骨だそうです
切れ目が入っている奥には神経のいちが確認でき、エラ骨を薄く削る際の重要なポイントになります。

この模型、当然ながら有償なのですが、この模型を作らずしていきなり手術をされる病院はちょっと不安すぎます。というか危ない気がします。


30

 どのようなエラ削りをするかという説明をされました。

まず、エラからアゴまでのラインをシャープにする為のピンクのラインでの骨切り。 
として、エラ部分をきれいな卵型にするために、黄色の面を薄くするとのことです。

切れ目部で神経の位置が見えていて、骨をどれだけ薄くできるかが分かる感じです。

先生いわく、大きな骨なのでエラ削りでとても効果のある仕上がりになると思いますとの
勇気のでる一言を頂きました。

手術はクリスマスイブの2015年12月24日です。全身麻酔で目が覚めれば骨は削られています。
きちんと目が冷めますように

同時に、ハムラ法による目の下のたるみを改善、更に同時に下眼瞼下制とう、タレ目風にして目を大きく見せる手術も行っちゃいます。

とても怖いです。無事に終わりますように。綺麗になれますように 

ギャラリー
  • ハムラ法での再手術と上眼瞼切開 13日目
  • ハムラ法での再手術と上眼瞼切開 13日目
  • ハムラ法での再手術と上眼瞼切開 13日目
  • ハムラ法での再手術と上眼瞼切開 8日目
  • ハムラ法での再手術と上眼瞼切開 8日目
  • ハムラ法での再手術と上眼瞼切開 8日目
  • ハムラ法での再手術と上眼瞼切開 7日目
  • ハムラ法での再手術と上眼瞼切開 7日目
  • ハムラ法での再手術と上眼瞼切開 7日目